コンテンツIDとは

YouTubeには、YouTubeコンテンツIDというシステムが存在しています。著作権者はこのシステムを利用することによって自分のコンテンツを管理することができるのです。このコンテンツIDがあるおかげで、例えば、自分の所有するコンテンツを他者が勝手にアップロードしたとしても、それをすぐに検出することができるようになるのです。つまり、著作権者の権利を守るためにあるシステムということになります。

YouTubeは、誰でも簡単に利用することができます。動画も簡単にアップロードできるのです。動画をアップロードする際には、その内容をチェックされることはないのです。そのため、著作権を違法している動画がそのままずっとアップされ続けるというケースも珍しくありません。著作権者が、自分で違法アップロードの動画を探して通報するというのはかなりの労力がかかってしまうでしょう。YouTubeには、非常にたくさんの動画がアップされているため、自分の知らないところで勝手に著作権が侵害されている可能性もあるのです。

YouTubeコンテンツIDを利用すると、そのコンテンツIDに類似している動画がアップロードされた際には、簡単に検出されるようになっています。このシステムはとても便利であり、これによって著作権が守られているのです。