コンテンツIDの申し立て

YouTubeに、著作権が保護された内容を含む動画をアップロードすると、YouTubeコンテンツIDの申し立てを受けることがあります。著作権を保有している法人から発行されるものであり、申し立てを受けると、そのコンテンツをYouTubeで利用できなくなるケースがあるのです。これによって、著作権を侵害している人は、自分が違法行為をしていることに気が付くのです。実際に、どのような対応がされるのかは著作権者の判断によります。

また、申し立てに対して不服ならば、異議を申し立てることもできます。自分がそのコンテンツを利用する権利を有していたり、システムがご認識しているケースもあるからです。著作権を侵害しているユーザーに対しては、違反警告がされることがあります。この場合は、仮に動画を削除したとしても違反警告が取り消されません。きちんとした手続きをしないといけないのです。

このように、YouTubeは著作権を侵害している人に対しては、厳しく対処しているのです。これによって、著作権を持っている人を守ろうとしています。YouTubeは、多くのユーザーが正当な方法で利用することを望んでいるのです。これからも、著作権を守るための様々なシステムを用意するでしょう。それによって著作権者は、安心してコンテンツを公開できるでしょう。