どんなメリットがあるのか

YouTubeコンテンツIDには、いろいろなメリットが存在しています。もし、自分のコンテンツIDと一致するコンテンツが見つかった場合には、いろいろな対応策を選択することができるのです。その動画の音声をミュートにしたり、動画全体をブロックしたり、動画に広告を表示させて収益化するという方法もあるのです。収益化で得た利益については、その動画をアップロードしたユーザーと分配することができます。あるいは、動画の再生についての統計情報を追跡することもできます。この対応策については国別に設定できる点もポイントとなっているのです。

YouTubeコンテンツID、は誰でも利用できるわけではありません。一定の基準を満たしているコンテンツ所有者にのみ付与されるのです。そのコンテンツに対して、独占的な権利を所有していることが求められるのです。例えば、自分で作詞作曲をした音楽については、完全に自分だけが独占的な権利を有しているといえるでしょう。

もし、自分の音楽を勝手に別の動画で使われていたとしても、YouTubeコンテンツIDのシステムを用いることによって、すぐに著作権を守ることができるのです。権利保有者はたくさん存在しています。それぞれが、このシステムのおかげで自分のコンテンツを守ることに成功しているのです。

参考-クロスワープ